アス テープ起こしタイナーズのブログ

神奈川のテープ起こし出張録音にいってきました。

time 2020/06/29

神奈川のテープ起こし出張録音にいってきました。

いってきました!神奈川県は川崎市。

新型コロナウィルスのことで日本全体が停滞ムードに包まれて以来の、遠出の出張録音でした。

今回は朝イチの会議での収録および発言者の記録でしたので、前乗りでした。

 
和歌山駅
和歌山駅構内

まずは我が町和歌山のハブステーションであるJR和歌山駅から、新大阪駅に直行する電車に乗りました。

 
新大阪駅
※うまく撮れていないのはご愛敬です

ものの1時間ほどで新大阪駅につきました。

皆様、新大阪駅の名前はご存じだと思います。東海道新幹線の停車駅なんですね。

大阪・和歌山の方は、たいていこの新大阪駅から新幹線に乗って関東に向かいます。(神戸の方は新神戸、京都の方は京都駅から乗ります)

新幹線への乗り換えは夜の7時ごろだったと思いますが、新型コロナの影響はどこへやら、お勤めの方を中心に駅構内は結構な人出でしたよ。(大丈夫かな)

 
新横浜

そして「のぞみ」に揺られること2時間(あんまり揺れなかったけれど)、新横浜駅に到着しました。

私、新横浜駅は、人が多くなくて好きなんです。あとは、これは近畿地方の人間あるあるかもしれませんが、なんとなく「横浜」ってカッコイイ気がするんですよね。

 
そしてここで一泊と思いきや、いえいえ、まだまだ向かいます。

 
前泊の際は、かならず収録現場の最寄り駅の近くのビジネスホテルを借りるようにしているんです。そのほうが翌朝のスタートダッシュが早いですからね。

新横浜駅から最寄りの駅まで、便利なことに直通のバスが出ているんですね。

 
日産スタジアム
※行きに撮り忘れたので帰りに撮った写真です

日産スタジアムを流し見しながら、バスに揺られること20分。

厳密には、最寄り駅の1つ手前のバス停がビジネスホテルに近かったため、そこで降りました。

晩御飯を食べていませんでしたので、ホテル近くのラーメン屋さんで冷やしタンタンメンを食べ(めちゃくちゃウマかった!大将ありがとう。また来年、この仕事いただけたら行きますね!)、

ホテルに着いたのは夜の10時半ごろでした。

フロントに行くと、目に留まったのはサーモグラフィーカメラ。カメラの前に立つと体温が測定される機械です。

 
サーモ

画像ではわかりませんが、体温は36.3度、もちろん平熱でした。

と言いますか、当日は神奈川の最高気温が30度超だったらしく(知らなかった。そんなにあったかな)、おまけに梅雨まっただなか。素晴らしいほどの暑さと湿気(笑)で、私は自分で「体温は38度くらいあるんじゃないかな」と思っていましたが、全然なく、単に暑かっただけでした。

画像で妙に私が弱っているように見えるのは暑さと湿気のせいです。写真の撮り方の上手くなさは、撮り慣れていないせいです(笑)

 
 
そして翌日は朝から会議。

当社は、かなり早い目に現場に行くのがマイルール。

会議は10時からでしたが、私は8時30分には着いて会場に入り、レコーダーの配置場所などを確認していました。

そしてお客様と合流して、ご挨拶と簡単な打ち合わせを行い、会議に入りました。

 
余談ですが、この現場は過去2年ご依頼をいただいていまして、今年で3回目です。

今年から担当者様が変わっていましたので、うかがったところ、昨年と一昨年の担当者様は定年退職されたとのことで、とてもよくしていただきましたので、少し寂しくなりました。Many thanks for your kindness Y様!

 
最近は新型コロナの影響で、会議室は窓全開そして出席者は全員マスクが必須です。

お客様がご自身で収録するには、収録環境としてはなかなか難しいものがあるのですが、当社が現場で直接収録と記録を行いますので、もちろん万全の体制です。

 
午前、そして昼休憩をはさみ、午後は3時半で終了。

皆様のお邪魔にならないように、担当者様にご挨拶をして、足早に会場を後にしました。

 
帰路にてシウマイ弁当を食べたことは言うまでもありません。

 
当日収録した音声と、お預かりした資料を持ち帰り、さっそく社内で作成です。

 
お客様から見た出張録音テープ起こしのメリットは、

1 円滑に収録してくれる
2 当社スタッフ常駐で発言者の記録を取る

ことはもちろん、案外、重要なのは、

3 当社スタッフが常駐するため、当日の状況を把握することができる

ことです。

状況把握って、とても大事なんですよね。

 
今は鋭意作成中。

さあ依頼者様、しっかりと要約原稿を作ってお送りいたします。楽しみにお待ちください。

 
そういえば、その昔、こんな記事を書いていました。

輝雨ふる神奈川
https://www.tapeokoshi.net/melmaga070914.html

なんと13年前ですよ。

よし、またいつか神奈川のことを書こう。