アス テープ起こしタイナーズのブログ

コロナ下の出張録音 経験記

time 2020/06/13

コロナ下の出張録音 経験記

コロナ下

と言っても、当社の本社がある和歌山では、今のところだいぶ下火になってきているように思いますが、

行ってきました、出張録音。しかも、本社から徒歩5分の出張録音です。

 
新型コロナウィルスの影響で、会議室の窓を開けっぱなしにして、出席者(私を含め20名ぐらい)は全員マスク着用で、エアコンなし、という環境でした。

 
何よりも暑い!という感想は置いておいて、難しく感じたのは、窓をフルオープンにしているため、どうしても外の車の走る音や騒音が入ってきて、レコーダーにその音が乗ってしまうということと、あとは全員がマスクをしていますので、発話がこもるんですね。

そういえば、私の席から最も遠くにいる発言者の発言は、ところどころ聞こえませんでしたね。

 
と言っても、こうなることは想定済みでしたので、レコーダーをいつもよりも増量し、8台設置して、発言者の席に分散させて配置しました。

収録は完璧でした。

 
また、発言者の記録について、皆さんマスクをしているため、話はじめのとき、一瞬、どなたが話したが分からないのですが、よくよく体の動きを見ていると、「この方が話しているんだな」と分かり、こちらも何の問題もなく、記録ができました。

こういった環境での出張録音は、きっと今だけのイレギュラーな状況ですので、それはそれで楽しめたらなあとポジティブに思いながら、務めさせていただきました。

出張録音からテープ起こしまでの一貫サービスはこちらです。